2005年9月20日火曜日

8月7日

いわきナンバーに管轄変更した車を納車するために、
自走して福島駅西口近くの駐車場に向かう。
高速バスでいわきからおいでのお客様と、
お互いほぼ時間どおりにそこに着いた。


雨が降り止んでしばらくすると、
真夏の太陽が濡れたアスファルトの道路から照り返して、
蒸し暑いことこの上ない。


無事納車して福島駅より山形新幹線で米沢に戻る。
自由席は空いていないので乗降口に立って県境の峠の景色を楽しむ。
福島から米沢へ抜けるまで何本のトンネルをくぐるのか、
数えてみた。


福島県庭坂の丘陵地帯に並ぶ、梨、桃畑を」通り板谷峠へ。
今一本目のトンネルにさしかかる。
トンネル内はもちろん景色はみえないが自分の姿は映る。
目じりの深いしわで年齢を感じてがっかりする。
板谷駅付近で見えた、
葉先が赤ワイン色の山葡萄は、初秋の気配を告げる。
大沢駅付近では、多くの廃屋の合間からキラキラした清流が見えるが、
すぐに砂防ダムがあり興ざめる。


さて、もうすぐ米沢駅だ。