2011年9月28日水曜日

ゴールデンレトリバー 朝は10℃以下

今日の朝はチョッと冷え込んで、気温は10℃以下です。
薄手の長袖シャツだけでは涼しすぎ、
ジャケットやセーターを羽織りたいような朝です。

↑3日前
先週の土曜日に残してきた画像の大きさの赤ちゃんマイタケは、
運良く誰にも採られずに息を潜めていました。
雨が降らないせいなのか判りませんが、
大きさは倍ぐらいにしかなっていないし、
マイタケの根元の茎にはムカデが数匹張り付いているので、
もうこれ以上大きくならないのかも?

↑3日後
土曜日から5日経った明日に再びご対面し、
成長は止まったのかどうか確かめて採ってきます。
生後6ヶ月目になったワン公は、
連日に近い山々でのトレーニング?で、
見ていてわかるほど
グングンと山歩きは上手になっています。

2011年9月26日月曜日

第16回 白河駅伝

秋晴れの爽やかな青空広がる福島県白河市で、
今年も無事に伝統ある白河駅伝が開かれました。

福島といえば原発ですが、
人間が作ったのにマッタク制御できない原子力発電の事故で、
福島の人々は想像以上に苦しんでいます。
米沢市にも小さな子供さんたちを連れた、
多くの若いお母さんが身を寄せて来ています。

東北地方と北関東に住む人々にとって、
原発の再開や原発の新規設置を望む事は無いでしょう。

さて稲刈りを間近に控えた田園風景広がる道路を、
選ばれた駅伝メンバーたちは黄金色に輝く稲穂に目もくれず、
ひたすら前へ前へと走りすぎて行きます。

我ら東海大山形高校男子陸上部は、AとBの2チームで参加しています。
Aチームの楓くんはさすがに実力者で、区間2位で6区5kmを疾走しました。
5区は高野くんが大抜擢に応える走りを披露しました。
Bチームでは3区8kmを任された一年生の貴くんが、
Aチームの聖くんに遅れることわずか20数秒です。
とても堅実な走りで期待を抱かせます。
ライバルの酒田南高に先着し、
とりあえずホッとしていますが勝負はこれから1ヶ月後、
言わずもがなの高校駅伝山形県予選!!!

2011年9月25日日曜日

ゴールデンレトリバー 今年度初 マイタケさま

米沢市はきょうも涼しく、
夜の20時頃にTシャツとGパンで外に出たら、
2分~3分もすると家に戻ってしまうくらい肌寒いです。

節電により水銀灯や街灯は間引きされ、
ネオンの消えた夜空にまたたく星はくっきりと美しく、
天の川までうっすらと肉眼で確認できます。

ちょうど北東の空には英文字のWに見えるカシオペア座と、
その下に鎮座するアンドロメダ座がよく見えます。

夜が更けて北方向の真上の空にアンドロメダ座が移動すると、
視力1.5以上の人ならアンドロメダ座大星雲が、
ボーっとかすんで確認できるはずです。
今から35年前の高校生だった頃は、夜更けの秋の空に輝く
アンドロメダ大星雲や肉眼で7~8個見えるプレアデス星団(すばる・すばる星)を、
寒いくらいにキリッとした夜気のなかで眺めていました。
いまは近視と老眼で以前のように見えませんが、
あの頃のイメージを思い出すと見えているような気がします。


きょうは午後からマイタケ探しです。
ホームグランドの飯豊町中津川部落を通り抜け、
原生林に入ります。
山歩き初心者の子犬を連れての山登りですので、
滑ったら止まらないような急斜面はパスして、
ちょっと落っこちても大ケガしない程度の斜面を選んで歩きました。

2時間30分ほど斜面を行ったり来たりして15時になり帰り支度です。
峰沿いから大きな肩を通って斜面を降りたところにポツンとあった
ミズナラの老木の根元に、
「マイタケさま」はひっそりと佇んでいました。
3株のマイタケのなかで、
まだ赤ちゃんのような幼菌の2株を残して帰ります。

採られないで残っていたらラッキーですが・・・。

急斜面にてビビッて降りられず、
吠えてレスキューを求めていましたので、
楽なルートまで案内!

2011年9月24日土曜日

レッカー よく事故の起きる場所

台風15号が通り過ぎたあと急に涼しくなり、
最高気温は連日22℃前後です。

ここ4日間の朝晩は12℃くらいでやや寒く、
はや薪ストーブを焚いています。
 
久しぶりに保険会社からロードサービスの出動TELを受け、
レッカー車でけん引作業をしてきました。
ここの現場は事故多く、
出動場所を聞いただけで「またいつもの交差点か!」と直感するほどです。

この日は朝早くから「マイタケ」の出る原生林へ
行ってきました。
以前マイタケを採ったミズナラの巨木を
数本見て廻りましたが、
ことしはまだ出ていません。
毒キノコも少なく、
ツキヨタケのみ目立っています。

生後6ヶ月目のワン公は、
初の山歩きデビューです。
急斜面では数回、
登ったり降りたりできなくて手伝いしました。
まだちょっと筋力が足りません。


2011年9月20日火曜日

東海大山形 中長距離記録会 宮城県

9月18日に行われた宮城県での中長距離記録会の結果です。
男子5000mに、
東海大山形高校陸上部・男子部員のほとんどが出場しました。

主力選手の中では、一輝くんが自己ベストです。
他の主力組は総じて調子を落とし気味なのが、気がかりです。

1年生では貴くんが良い記録で自己ベスト更新です。
白河駅伝でも良い走りを披露すれば、一気に正メンバー入りしそうです。
2年生の瞭一くんは貧血も良くなり、ようやく調子を上げてきていますね。


昨年の竜真くんのような大エース不在なので、
ことしの県高校駅伝は、
例年より一段と「ハラハラ! ドキドキ!」の展開になりそうです。
次週の白河駅伝で、
ライバルを置いていく走りを見せてくれることを、
切に願っています。

2011年9月19日月曜日

南陽市役所 ゴールデンレトリバー 第62回 高畠ロードレース

9月の中旬過ぎなのに、
第62回高畠ロードレースの行われた9月18日は、
気温34度を超す猛暑です。

こんな悪条件でのハーフマラソンはわざわざ体調を悪くするような状況ですが、
箱根駅伝経験者で中央学院大卒の大谷さんが淡々とラップを刻み、
1時間9分で1位フィニッシュしました。
残り4kmからは一人旅で、
そのせいかゴール後も余裕シャクシャクに見えました。
沿道で応援するこちらも、
暑さでバテ気味になりました。

一緒に連れて行った生後6ヶ月目のワン公は、
小川にザブンと飛び込み、
気持ち良さそうです。


2011年9月18日日曜日

仲良くご夫婦で

子供4人と孫5人に恵まれ仲の良いYさんご夫婦は、
近頃TVや雑誌などで取り上げられている先進医療についてに興味を持たれ、
日本で認可されている外資系を含めた生保会社47社のなかで、
業界最強の三井住友あいおい生命(10月1日から社名変更)の
医療保険に加入されました。

53歳になるYさんの奥さんの加入された保険の内容は、
①入院一日当たり3000円(女性特有の病気のとき5000円)
②手術は一回当たり3万円(女性特有の病気のとき5万円)
③先進医療は生涯にわたり交通費付きで1000万円まで
毎月たった2210円のみですが充分な内容です。


「この会社の医療保険が何で業界最強なのか?」は
たびたび書いていますが、またもや確認のため記します。

例えば早期発見の前立腺ガンになって、
手術でなく傷つけないで温存し(誰だってこっちが良い)、
後遺症も全部摘出する手術に比べたらはるかに少ない
粒子線治療を選んだ場合、
治療費の約300万円は先進医療のため全額自己負担です。

先進医療特約付きの保険に入っていれば、
この300万円はすべて保険会社が負担してくれます。
前立腺ガンの粒子線治療施設は全国に数ヶ所有りますが、
例として千葉県の千葉大学のとなりにある放射線総合研究所で
治療を受けたとします。http://www.nirs.go.jp/index.shtml


山形県の患者さんが千葉県(最寄り駅はJR西千葉駅)まで往復すると、
一回当たり約20000円の交通費がかかります。
治療終了までは平均37回の照射が必要ですが、
連続して照射できないため期間を置いて通院する必要があります。

その先進医療にかかわる交通費の総額は
(2万円x平均37回)約74万円です。
この74万円の交通費は、
三井住友あいおい生命のみ全額支給してくれます。
交通費を全額払ってくれるのは、
アヒルの宣伝で有名な外資系の〇フラックでも、
国内最大手の〇本生命でもないですよ。
  

2011年9月17日土曜日

初めて加入する医療保険

自動車販売ディーラーにお勤めのMさんは、
まもなく独身に別れを告げる33歳の女性です。
以前から
①命にかかわる病気になったときに、
誰しも最先端の医療を受けたいと思うはずですが、
最先端の先進医療は全額自己負担であること。

②最先端の医療では、かつて治らなかった病気が治ったり、
カラダに負担(副作用)が少なく治療できること。
などを世間話を交えて話しかけていました。 
結婚を間近に控えたMさんに、
妊娠に係わる切迫流産や帝王切開などによる入院の際に、
入院給付金や手術給付金の出る医療保険を再度お勧めしました。 
いま現在はどの種類の生命保険にも加入していなかった事もあり、
先進医療の付いた医療保険にご加入されました。 
④ケガや病気での入院一日当り3000円、女性特有の病気なら5000円支給
⑤手術を受けたら30000円、女性特有の病気で手術なら50000円支給
⑥先進医療は生涯にわたり1000万円の範囲で交通費は全額支給
業界最強商品(⑥の交通費全額支給は三井住友キラメキの商品のみです)

33歳女性のMさんは月々たったの3155円を55歳までの22年間払えば、
④~⑥までの保障は55歳までの支払いを終えた後でも、
生きている限り有効です。
これで必要充分です。

2011年9月12日月曜日

山形県高校新人戦 陸上

9月10日から12日までの3日間、
山形県高校新人戦の陸上競技が行われました。
初日の10日は秋風吹く好コンディションでしたが、
2日目と3日目は湿度も気温も高く、
夏に戻ったような日でした。

新人戦は高校1年~2年生の大会で、
それぞれの高校の新しい戦力が台頭してきます。
東海大山形高校男子陸上部では中距離部一年生の木伏くんが、
800mを1分57秒台の良いタイムで走りました。
2年生の海谷くんはさすがの1分53秒14で走り、
大会記録を更新しました。

長距離部はイマイチ不調なのか、
この大会ではライバルの酒田南高に水をあけられています。


山形県高校駅伝大会まで約40日です。
まだ40日あるのでもう一度足元を見つめなおして、
最大の目標である全国高校駅伝出場キップを得るために、
気持ちと体調を高めてほしいと思います。

2011年9月9日金曜日

レッカー車は楽チン

十字路での出会い頭事故でフロントの足回りを損傷したクルマを、
レッカー車で19kmけん引しました。

いままでの積載車での作業なら、
フロント部足回り損傷のクルマは荷台に乗せるだけで一苦労でしたが、
レッカー車なら「吊ってポン!!」簡単に作業できます。
でもレッカー車でのけん引はクルマ全体の長さが大きくなるため、
カーブや細い道幅の道路では気を使います。

故障車や足回りを損傷していないクルマを運ぶだけなら、
積載車のほうがはるかにラクチンです。


午前中の早い時間に依頼を受けた案件はラッキーなことに、
米沢市から山形市内のトヨタ系ディーラーまで52kmの搬送です。

搬送完了して
そこのディーラーさんでトイレを借りて用を足し、
店内をキョロキョロ見渡したら、
東海大山形高校陸上部の父母の会で
良くご一緒したTさんが居ました。
Tさんは小顔で若く見えますが
ここに勤めてウン十年のベテランだそうです。
ひとしきり互いの子供の話や世間話をして旧交を温めました。

積載車での長い距離の搬送は、
ラクチンで実入りもナイスですね。

2011年9月8日木曜日

ゴールデン レトリバー

H23年4月13日生まれの、
ホームセンターのペットショップで売れ残りになっていた
ゴールデンレトリバーの♀を7月31日に迎えてから、
朝晩の散歩を欠かさずしています。
その犬たちとの散歩で自分の腹廻りが締まってきたような話を、
集金で伺ったお客様にしていたら
「犬のおかげで散歩が楽しいんだべ~、おまえが遊んでもらっているんだよ」
と言われ、なるほどその通りですね。

前から居たシェパード系雑種の♀が
よき遊び相手になって、
けんかもせず姉妹のように仲良くしてくれてホッとしています。


9月の20日過ぎには
キノコ採りシーズンに入ります
山歩きデビューも間もなくです。

2011年9月6日火曜日

前後輪 パンク

「縁石にヒットして前後輪はパンクして動けない」との依頼で、
涼しい風の吹くPM2時に出動しました。
他のレッカー業者さんが現場に行って投げ出した案件らしく、
自分ひとりでは心細いので
「勘どころの良い整備担当の星さん」と二人での出動です。

現場に着いたら思ったよりもヒドイ作業でもなく、
ただの前後輪パンクです。

ジャッキを使ってドーリー(補助輪)をセットしたくらいでしたが、
ドーリーを連結するアルミバーの固定部が不調でチョット不安でした。

作業後は保険のお客様でアルミ溶接の名職人さんに直行し、
ドーリー連結のアルミバーを溶接修理していただきました。

明日はレッカー車の油圧ユニットの不調診断です。
機械は人間と違って、直せば(手術・治療)すぐ現役バリバリですね!

2011年9月3日土曜日

引受け基準緩和型 既往症(病気持ち)OK

日本で認可されている生命保険会社は、
アフラックやアリコや富士生命などの外資系、
ソニー生命やオリックス生命などに代表される
インターネットや通販を併用する国内廉価型、
三井住友キラメキ生命や東京海上あんしん生命などの損保系生保会社、
ニッセイや明治安田生命などの国内大手生保などを合わせて47社あります。

このなかで、例えば入院・手術を伴わない糖尿病や心臓疾患や脳疾患、
高血圧・高脂血症・痛風などの病気でも加入できる医療保険があります。

以下の健康状態を告知し、
すべて「いいえ」なら加入できます。
①現在お医者さんに、入院や手術を勧められていますか?→いいえ


②過去2年以内に、入院や手術をしましたか?       →いいえ

③過去5年以内に、ガンや肝炎、肝硬変になりましたか? →いいえ

Kさんは高血圧・高脂血症(血がドロドロ)・尿酸値高い(痛風)などの
持病ありますが、上記①~③の告知は「いいえ」です。
51歳男性Kさんが加入された
引受け基準緩和型の商品(富士生命:ゴールドメディワイド)は、
入院したら一日あたり2000円、先進医療は生涯にわたり1000万円まで、
手術は一回あたり4万円の保障で月々2400円のみです。
 
既往症(病気持ち)の方にとっては待ちに待った商品で、
他の生命保険会社に加入を断られ続けてもゼンゼンOKですよ!!