2015年4月25日土曜日

レッカー 2回とも同じ場所で。

暖かい日ばかり続き、
サクラは例年より4~5日早く散りはじめました。

向こう一か月の天気予報は高温の日が多いみたいですので、
山菜もドバっと出て来ますね。
コゴミ・コシアブラ→ゼンマイ→アイコ・山ウド→ワラビと順番通りに
出てくれると長く楽しめますが、
こう暑いような日が続くと一斉にドッと出て、すぐ食べごろを過ぎてしまいます。

↓今日の午前中は不思議なことに、
ほぼ同じ場所で同じような車対車事故が、
連続して起きました。

半袖でも過ごせるような暑さとなり、
よそ見やボンヤリ運転が増えます。


ゴールデンウイークに入りますが、
この期間中は晴れて暑くなりそうなので
ボチボチ忙しくなるでしょうか?

2015年4月24日金曜日

ことしも見れました!高畠第一中学校のサクラ。

高畠第一中学校のサクラ並木は、
置賜地方でいちばん美しいと感じます。

満開になると花びらはカーテンのようになって、
並木の東側にある校舎はボヤけて見えます。


ちょうどプロカメラマンの渡部さとるくんが2年ぶりにやって来たので、
サクラのプロっぽい撮り方をお聞きしてパチリ!



次の日は三井住友海上のSさんと、
コンサルタントのKさんを連れ回して同じ場所へ来ました。
お世辞だったのかどうかですが、喜んでお帰りになりました。

気温の高いことしは、
例年より5日ぐらい早く散ってしまうでしょう・・・。

2015年4月23日木曜日

レッカー 輪止めするのを忘れてヒヤッとしました。

富士火災の保険代理店をしている大先輩の娘さんは、
新人として米沢市会議員に立候補しました。

選挙ポスター貼りの手伝いメインで伺い、
近くのお寺での祈願祭と自宅前での出陣式を
初めて体験しました。

地区の役員さんや地域の世話役さんたちの激励のあいさつは、
いつ終わるのか?と思うほど次から次へとエンエン続きます。

最後に候補者が「だるま」に片目を入れ、
選対車に乗り込み、ようやく終了しました。

新人の女性候補者で見た目もソコソコですので、
サクッと当選すると思います。
お世話になっている候補者のお父さんの気落ちした顔は、
見たくありませんので・・・。

4㌧箱車の故障です。 

アクスル受けが一発で入らないため角材を敷いて前タイヤを上げ、
アンダーリフトを一度下げて外したら、
タイヤがゴロリと後ろ側に!?・・・なんだァ~!

「ディーラーのメカニックさんが現場で両側のドライブシャフトを抜いいますので」と、
伺っていたコトをすっかり忘れていました。

あわてて故障していたトラックに飛び乗り、
ブレーキを踏んで止まったので笑い話で済んでますが・・・、

目先のことに気を取られ、安全確保の第一歩である輪止め作業を怠りました。 


豪雪だった冬の忙しい時期は初歩的なミスをしないのに、
ヒマな春先になったらこんなのが続いています。

2015年4月20日月曜日

レッカー 追い越し禁止の国道で

ことしは桜の開花が例年より4~5日早い予報です。
東北地方は記録的な暖かさの3月だったそうですね。

雪はすっかり融けてなくなり、
フキノトウやツクシがモコモコ出てきています。

↓ 追い越し禁止の国道で、
黒色の乗用車は無理しすぎましたね・・・。

路肩を越え、フェンスをなぎ倒して・・・。


↓ 堤防から落車です。
急斜面を下ったのに運よく横転もせず、これこそ10点満点の着地です。

この堤防の道路幅は、
小型レッカー車がやっと通れるくらいの広さしかありません。
6m以上の道路幅なら横引きイッパツなんですが・・・。

ウインチ付のパジェロで横転しないようにアンカーを取って、
小型レッカー車のウインチで引き上げました。


これから山菜採りのシーズンになると、
「なんでこうなるの?」・・・「どうしてこうなったのか?」と首をひねるような、
不思議なトラブル現場にめぐり会うかもしれません。


2015年4月7日火曜日

NDソフトウエア 陸上部

南陽市にある東証2部上場のNDソフトウエアは、
2015年4月から陸上部を立ち上げました。
元旦に行われる実業団駅伝への出場が目標です。

南陽市役所陸上部の名コーチだった高嶋さんを監督として招き、
南陽市役所からは〇ジョゼフ・オンサリゴくん、
〇渡辺清紘くん〇鈴木駿くん〇遠藤清也くんの5人が
移籍しました。

ジョセフくんの夢は、ケニア代表になることです。
でもケニアには良い選手が大勢います。
なので近い目標としては、
NDソフトウエア陸上部の大エースとして、
元旦の実業団駅伝で外国人トップタイムの区間賞を取ることです。
渡辺清紘くんはキャプテンとして、
NDソフトウエア陸上部を引っ張ります。

28歳になっても駅伝に対する思いは強く、
安定した収入を得られる公務員ランナーより、
同門の高嶋監督とともに夢を追いかけることを選びました。


静岡県出身の駿くんは、
マラソンでの活躍が目標であり夢です。
まだ24歳と若く、走ることが大好きです。
温厚ですが練習好きで、伸びしろはマダマダあります。


清也くんは福島県の学法石川高校を卒業して2年目になります。
まだ19歳なので、
市役所に残って人生経験をもう少し積んでからの
挑戦でも良かったような気もしますが、
余計なお世話でしょうネ。。。


あっという間に過ぎていく人生ですから、
悔いのないような選択をした皆さんの勇気は、
とても素晴らしいと思います。