2019年2月19日火曜日

レッカー 久しぶりに冷えた日は

夕方から久しぶりに冷えて、
路面はカチンカチンに凍結していました。
これはヤバいぞ!と思っていたら、
深夜から朝方にかけて
レッカーQQコールです。
単独事故や車対車事故、
なんと複数の飲酒運転事故も…。
無保険/無車検/酒気帯びのセットですから
どうにもなりません。
車体は「くの字」。 
トンネル内で…。 
小型レッカーのウインチブームで起こしましたが、
路面ツルツルでチョッと面倒でした。

日中は暖かくなって地温も上がり、
冬はどっかに行ってしまいました。

2019年2月16日土曜日

レッカー アオリレスの積載車

数日前の案件ですが、
デカいアメ車とそれに連結された台車の
レッカーQQコールです。
スノーモービルを載せた台車はラクラク積載車に載りますが、
デッカいアメ車は積載車の荷台幅を超えています。
それで4㌧クレーン付き積載と
アオリレスの積載車の2台で現場に。
アメ車は4㌧積載に積む予定でしたが、
思ったより幅がギリギリなので
アオリレスの積載車に載せました。

先日購入した4㌧クレーン付きはパワーがあるため
荷台にクルマを積載していてもラクチンですが、
今回のようなデカいアメ車を載せるのに手間どるようでは
イマイチなため、
アオリを開閉式にする改良が必須です。
新潟県新発田市の(有)グローバルサービスに
お願いしました。
みやぎ営業所では、
この手の案件はチョクチョク入電します。
トラックの運行台数は山形県とは比べ物になりません。
山形県内の幹線国道13号では軽自動車や普通自動車に混じって
ポツリポツリとトラックが走っていますが、
宮城県南地域の国道4号では
トラックやトレーラーに混じって
ポツリポツリと乗用車が走っている感じです。 

総重量は40㌧を超えていたでしょうか?
牽引した雄大くんによると、
レッカー車のブレーキの効きが、
極端に悪かったようです、重すぎて…。 
2月初めから続いた寒気は抜けて、
初春を感じさせます。
太陽のヒカリが強くなってきました。

2019年2月9日土曜日

レッカー 冬はいつもこうなります

マスコミは最強寒波とやかましいですが、
やはりたいしたことない寒さです。
今は真冬の時期ですが、
温暖化なんて言葉を聞いたこともなかった
40年数年前の真冬を思い出すと、
今回の最強寒波なんて日常のコトでした。
この当時のホントに寒い日は、
ぴゅーぴゅーと吹雪の日が一週間も続き、
その後4~5日暖かくなってからまた急に寒くなり、
粉雪が舞って前が見えなくなる吹雪の日々の繰り返しでした。

もし温暖化になってからの冬が
40年以上前の冬と同じ寒さだったなら、
レッカーQQコールは一日中鳴り止まず
新車のレッカー車を購入するのに必要な資金はザクザク、
迷いなく新車レッカーを注文するでしょうね。
大型トラックとすれ違ったときに、
路肩に寄りすぎて脱輪。
冬時期は当店ドライバーのうっかりで、
何度かこうなります。
もちろん自分も何度もやらかしています。
最近はカーナビみたいに学習して減りましたけど…。 
滑りやすい路面は4WDにかないません。
毎日最強寒波なら、大型トラックディーラーに4WDの
レッカーベース車をすぐ注文できますけど…。
夢にもなりません。

2019年2月6日水曜日

レッカー もう春みたいな

ここ数日は春みたいな陽気で
田んぼに積もっていた雪はグングン融けて、
あぜ道の一部は顔を出しています。

たいして寒くもないのに、
大型トラックの故障がポツポツ入電します。
福島県の国見町にて。
岩手県の一関市まで。 
東北道の国見SA付近で。 
白石市付近だったか? 
WW製のブーメランアームは薄くて頑丈、
チルト要らずでサイコーですけどね。
使った方々は手放せません。

2019年2月1日金曜日

レッカー 気温は高い

気温の高い真冬の日々が続いています。
温暖化で
こんな冬が来年もその次も続いていくのでしょう。
たまには寒い日もあり、
路面が凍って滑りやすくなると、
レッカーQQコールは賑やかに鳴ります。
T字路でトレーラーのジャックナイフ。
標識のポールを抱き込んで、
さらに縁石をまたいでいました。
最低気温はマイナス8℃、
朝方パラパラと雨が降ったため
アッと言うまにブラックアイスバーン。
朝の7時から9時くらいまでは、
QQコール鳴りっぱなし。
もったいないことに、
片手以上の案件を
受けられませんでした。 
急に暖かくなったり冷え込んだり、
温暖化が騒がれる前の
2月中旬のような気候です。

2019年1月27日日曜日

レッカー ほぼ新車

きょうはマナブくんのブログです。

すこし前の案件です。
深夜の午前二時ごろ
所轄署よりレッカーQQコールにて、
いつものように場所と車種だけの情報で現場へ向かいました。
到着してみると
路肩から10m以上は弾き飛ばされた状態です。
遠くから眺めただけでも損傷の大きさは判ります。
トラブル車のまわりには、
広範囲に破片などの散乱物。
事故の激しさを想像できます。
F左フロント部は大破しボディ全体にキズとヘコミ、
無傷なのはトランクぐらいです。
このベンツは初年度登録2018年のほぼ新車状態でしたが、
また買ったほうが安いぐらい?の壊れっぷり。
新車価格は不明ですが、
自分だったら涙も出ないほど放心状態に
なると思います。

From 学


2019年1月25日金曜日

レッカー ようやく吹雪

真冬らしい天候がようやくやって来ました。
路面は圧雪/凍結し、
吹雪で視界悪くなるとイロイロなことが。。。
他車とすれ違う時に、
吹雪のなかで左側は見えなかったはず。
辺りは吹雪で一寸先も見えなくなる時間帯に、
凍結路面で気がついたらこうなっていた?
そんな気象状況でした。 
田んぼの中を通っている県道です。
地吹雪で何も見えなかったでしょう。 
トレーラーでよくある場面です。
後続の乗用車はVの字になったところに突っ込んでいました。
乗用車を引き出してからトレーラーの引き出し作業です。
日本海側の豪雪地域のレッカー屋は、
このとおり雪頼みです。