2018年7月19日木曜日

レッカー 増㌧

きょうは修平くんのブログです。
暑いです!
ニュースではとんでもなく暑い日が、
更に続くそうです。
先日の大雨による被害に遭われた皆さまには、
謹んでお見舞い申し上げます。

さて連日の猛暑の中の作業で汗をかいたまま着替えず、
そのままエアコンをキンキンに効かせたレッカー車に
長時間乗っていたため風邪をひき、
さらに足指の一部が関節炎になってしまいました。
こんなことになって初めて、
着替えとエアコンの温度調整は大事だなと痛感しました。

7月になってからトラック案件続き、
先日は24時間のあいだに増㌧2台と4㌧一台の合計3台、
けん引しました。
フルサイズの大型や4㌧トラックの作業やけん引は慣れていますが、
増㌧トラックはブレーキ解除でややこしいタイプあるので、
少し抵抗あります。

YOUTEBEを見たり、
トラックに詳しいレッカー屋のブログを読んだりして
勉強していますが、
メーカーや車種年式で違いあるので
現場での作業が一番身に付きます。
お客さまの前で悩んだりあたふたしてしまうと
不信感を持たれてしまうので、
プロ意識高く持って堂々と作業できるように勉強していかなければ!と
思えた一日でした。


From修平

2018年7月18日水曜日

レッカー トレーラー横転

暑くてキビシイ真夏がやってきました。
ことしは湿気もあるため、暑さ倍増・・・。
そんな真夜中に「トレーラーが落車して横転しています。
これからご対応可能ですか?」
ラフタークレーンも深夜で手配できず、
その日の昼間の時間帯の作業で受けました。

下見のためAM2時過ぎに現場到着。
トレーラーヘッドの前軸はかろうじて道路に乗っていますが、
後軸と台車の部分は完全に道路から落ちています。
法面はコンクリート製の垂直面で高さ約1.5m、
道路から4.5mの高さに光ケーブルと電線があって、
ちょうど落ちている台車の重心付近の真上です。
ウインチで引きずり上げるのは不可能なので、
25㌧ラフターと20㌧クレーン付レッカー車での、
吊り上げ作業となりました。
おまけで当店の大型レッカーも
アンカーウインチ作業を少々…。
猪苗代の名人の監修作業で、
わずかの全止め時間で路上に横転を起こしながら引上げ。。。
白石警察署の方々から
「いや~、ずいぶん早いもんですね」。
とお褒めいただきましたが、
ほとんど星社長の監督通りにスタッフが動いただけなので、
ビミョーなうれしさでした。
まだ7月中旬なのに、
ことしの東北は真夏です。



2018年7月8日日曜日

レッカー 高速道

西日本の豪雨による水害では、
連日の報道により知り得たところでは、
広範囲にわたり甚大な被害が出ています。

遠方のためすぐにお手伝いできませんが、
心よりお見舞い申し上げます。

さて山形県や宮城県の南部では、
蒸し暑さが増してきました。
そのせいかトラックの冷却水が漏れたり、
エアー関連のトラブルが出たりと、
故障案件が増えています。
無料区間の東北中央道にて、
冷却水漏れ。
東北道でのエアー関連トラブル。 
レッカーQQコールが鳴れば、
すぐ出動するのが仕事です。
QQコールをいただく保険会社のオペレーターさんが
最初のお客さまですので、
明るく元気よく頑張ります。

2018年7月6日金曜日

レッカー からつゆ(空梅雨)

九州や四国はノロノロ台風に刺激された
梅雨前線により、
「歴史的大雨」になりそうな予報です。
どの報道機関が使ったフレーズなのか?
「歴史的」の使い方のセンス→被害に遭われた方々にとって、
悪いような気がします。

さて山形県南部や宮城県南部は「からつゆ」で、
川の水量は夏枯れみたいにチョロチョロ。
取っても取ってもバンバン出てくる梅雨時の雑草も、
例年より元気ありません。
気温だけはバカ高く、
そのためタイヤトラブルやエンジントラブルは
先取りしています。
ダブルタイヤ内側バースト。 
オーバーヒート。 
この空梅雨のしっぺ返しが・・・。