2014年12月21日日曜日

佐久長聖高校 長沼大智くん

全国高校駅伝・都大路で長野県代表の
佐久長聖高校は、久しぶりの表彰台となる準優勝です。

3年前の秋ごろ、
当時米沢市立第四中学校の3年生だった長沼大智くんを、
ご両親を通じて東海大山形高校陸上部へ入学していただけないか?と
チョッピリ勧誘したことを思い出しました。

長沼くんは高校駅伝の名門校、
長野県の佐久長聖高への強い思いを持っていて、
どうしてもそこで陸上の長距離をやりたいと、
高校一年生から単身の寮生活を選びました。

1~2年生の秋口まではケガなどの影響もあり、
中学時代には全国トップクラスだった素質を、
開花できませんでした。
でも2年生の冬前からタイムは伸び始め、
3年生の秋には5000mを14分08秒で駆け抜ける実力を
見せつけました。

雪深い米沢の地に生まれ、
米沢ジュニア陸上クラブの田島先生と二人三脚で素質を磨き、
駅伝の名門校・佐久長聖の3年生で都大路の4区を任され、
準エースに恥じない走りでチームを助け、
これ以上はない喜びの準優勝です。

お父さん・お母さんはかわいい息子を15歳から長野県に出して、
ご苦労やご心配されたと思いますが、
こんな素晴らしい結果が待っていたなんて、
最高のビックリですよね!

3年ちょっと前のアノ時に東海大山形高校へお誘いしたことを、
チョッピリ恥ずかしく思うとともに、
この準優勝チームで区間5位の力走をした大智くんに、
心からお祝い申し上げます。

レッカー 急に気温は下がって、吹雪・・・です。

長い冬のあいだに2回あるかどうかの猛吹雪が、
17日・18日の2日間吹き荒れました。

山形県の置賜地方では、
多いところで70㎝くらいのドカ雪です。
朝から鳴り響くレッカーQQコールの多くは、
脱輪かスタックです。

雪国ではスタックか?脱輪か(乗り上げ)?の判別は
ほぼできません。
クルマが雪のヤマやカベに乗り上げたら、
スッタクと脱輪(乗り上げ)は同時に起こりますから・・・。

縁石を飛び越して雪の壁にドッカン体当たり。

後ろの2本は、幅広い側溝に落とす寸前でした。


フカフカの雪に乗り上げた増㌧車は、
   民家の壁に寄り添うようにしてました。
タイヤは空転。


4軸低床トラックの左2軸の脱輪です。
道幅せまいので、中型4㌧レッカーのウインチラインを
トリプルにして引きましたが、
相手は積荷12㌧の大型トラックなので、
レッカー車が引き寄せられてしまいます。

なので自重15トン超の大型レッカーを増車し、
コチラも脱輪しないようにトロトロと
1㎞ほどバックで進み、 現場に進入しました。

この他にも大型タンクローリー(トレーラー)の左側全輪脱輪や、
大型トラックの落車横転などもありました。
もちろんコチラでは対応できるはずもなく、
熟練の山形レッカーさんが出動されました。

16日~19日まではトラックのトラブル案件も多く、良い経験になりました。


2014年12月13日土曜日

レッカー ようやく降りました

ようやく冬らしくなりました。
一面の銀世界は、キレイです。

雪の降りがけはいつも落車で・・・。
ハイエースバンは横転して用水路をまたいでいます。
電線の位置は低く、クレーンは使えません。 

これぞ脱輪・・・。
こんな狭い道に無理やり進入すると、
「あ~っ、やっぱり・・・」

高所作業車の故障です。
4WDのため、後輪左右のドライブシャフトを
抜きました。
リース車両でメンテナンス不足から、
シャフトのボルトが固着気味でナカナカ抜けませんでした。
寒い中で時間のかかる作業はイライラしますが、
焦ってもしょうがないですね。 

4トン車がナビ通りに入って行って、
だんだん道幅がせまくなり「このとおり」



車体の左側にある木製の電柱によりかかるように、
脱輪してました。
現場まで行くためユンボで除雪・・・。

泥でぬかるむ狭い道への進入は、
作業よりはるかに気をつかいます。





2014年11月29日土曜日

レッカー 初雪もまだ

平年の初雪は11月18日だそうですが、
ことしはマダ降っていません。

2~3日前は、ミゾレのような雨でした。

高所作業車の脱輪・路外逸脱です。
重くて見た目通りバランス悪いので、
ウインチ作業は気を使います。

そのうえ前後タイヤはバーストしています。


↓故障した4㌧のけん引です。
空荷と伺っていましたが、
ケッコウ積んでいました。 

軽トラックは電柱ギリギリで止まっていました。
車体の下には↓、デカいブロックが2つ・・・。


12月2日からは雪マークの予報です。
さて初雪で積もるくらい降ったら、
例年通りの「レッカーQQコール鳴り止まず」と、なるでしょうか?

レッカー業者にとって、恵みの雪を待ち望んでいますょ。。。

2014年11月17日月曜日

レッカー 大型トラックのけん引

福島県と山形県を結ぶ峠道で、大型トラックの事故です。
ブラックアイスバーンとなっていた路面で、
センターラインをオーバーしてきた大型トラックが、
直進中の大型と車対車事故。

フロントアクスルは大きくズレて左フロントタイヤはバースト。
前吊りしないと一歩も動けません。

いっしょに出動した親方はFバンパーとバンパーブラケット、
ラジエターブラケットを取り外しました。
それでもレッキングのアタッチメントが上手く入らず、
ドラッグリンクも抜いてようやくレッキング・・・。

交通整理をしていただいた警察の方々には
申し訳ないくらい時間かかってしまいました。


深夜の作業から帰ってホッとしていたら、
お客さまより「酒田市まで運んでくれ」との依頼です。


現場から195㎞のけん引です。

AM3時前に出動し、自宅戻りは17時過ぎ。

大型車の長距離けん引は、
まだペーペーなのでチョッと疲れます。

2014年11月9日日曜日

銀座 ヤジウマ

東京へ子供とおのぼりさん。
曇り空からパラパラと小雨が降ったりやんだりの
日曜日です。

銀座を歩いていたら、
なんかのデモとそれに対抗する街宣車と、
たくさんのお巡りさん。

デモ隊が交差点を通り過ぎるまで
ヤジウマです。

 銀座のメイン通りでしょうか?歩行者のみ道路を歩いていました。

日曜日だったので、歩く人々の多くは観光客のようです。
中国語が飛び交っていました。


東京駅周辺で道に迷い大手町へ出たら、
周りは首が痛くなるほどの高層ビルばっかり!
大地震のとき、どうなるんでしょうか?

観光したり遊んだりするには、
奥深い大都市トーキョーです。


2014年11月6日木曜日

レッカー 新田鉄工 JF4 中型レッカー車

規模のデカい整備工場さんからの依頼です。
山のなかとは聞いていましたが、
思ったより道は狭く、
そのうえ傾斜20度もあろうか?と感じる急斜面を
3か所越えて現場入りです。

山の斜面にあった松の木に滑車をかけ、
ウインチワイヤーの角度を変えて引き出しOK

ウインチ付のパジェロがやっと通れる道幅しかなく、
さらに4WDでないと滑って登れない急坂を
なんども通る難所・・・。


コチラは増㌧車。
クレーンブームを上げたまま、
構内の高さ制限ゲートにドッカンと当たり、
フレームはイナバウアーのようにエビ反り。
荷物ないので中型レッカーでラクラクけん引です。



↓登坂車線のカーブのところでクラッチ滑り。
4㌧車に荷物を積み過ぎ?のため、重いこと・・・。


新田鉄工さんから中古で購入した
中型レッカーのJF4ブーメランアームは、
総重量10㌧くらいまでなら
ノープロブレムです。
まだ11㌧以上は吊ったことないので、
その重さ以上のことは判りません。

とても良いMade In Japanブームだと思います。

2014年11月4日火曜日

レッカー 夜はしらじらと明けて



「2㌧車が大型に突っ込んで、くい込んでいる。
          引き出してデイーラーさんまで運んでくれ」との
レッカーQQコールです。

このところは深夜のお仕事、続いています。
なので、山形の方言で「着どころ寝・・・きどころね」→服を着たまま
ゴロンと寝てしまいます。

さて大型トラックは積荷12トンの実車ですが、
ふそうグレートのトラクタ延長ボデイーは
このくらいだとフロント浮きません。
燃費は1.5km/Lと大食いですが、
ターボ付きでグイグイけん引します。
当店の中型と大型レッカーは新田鉄工さんとWW製の
ブーメランアームですが、
アクスルを受けるならサイコーに便利?な気がします。
マダマダ大型は「ひよっこ」ですが、
当店の親方がよい先生です。


お相手の2㌧車は↑このとおりです。
中型レッカーのウインチラインをダブルにして、
バキバキ・バッキンと引き離しました。


それぞれ指定のディーラーさんに運び終えたのは、
夜もしらじらと明けてきたAM5時30ごろ。。。


2014年11月3日月曜日

レッカー ここのところ深夜に

ここのところ深夜のレッカーQQコールなどで、
チョッと寝不足気味です。

↓信号無視でドッカン・・。
オイルだけでなくガソリンも漏れていました。

小型ダンプの車対車事故。
相手車は一時停止せずにドッカン・・。 

4㌧クレーン付きトラックの故障。
クネクネと曲がっている峠道を越え、
仙台市までけん引。。 

寝不足で運転すると、
フッと視界が途切れて記憶もあいまいになり、
大ピンチを招きそうになります。
ヤバイ・・・。

2014年10月31日金曜日

レッカー 紅葉シーズン

紅葉の美しい時期には、
「アレッ!」っと思うようなレッカー作業現場もあります。

高い山々の紅葉を見るために県外から登山に
いらっしゃったお客さまが、
ナビの通りに走ったらこんなところに・・・。

普通車がやっと通れる道幅の廃道で脱輪。
まわりの木々は、ブナ・ナラ・カエデ・トチなど、
標高400m以上に見られる大木たち。
ウインチ付のパジェロで「どうにかなるべ」の気持ちで
突っ込み現場到着。

ウインチで引いて無事完了しました。
現場まで67kmの出張。。。

↓標高1100mのところにある温泉へと通じる道で、
ブレーキの使い過ぎによるペーパーロック。
ブレーキ液が沸騰して気泡が混じり、
リヤブレーキペダルはスカスカです。

現場でエア抜きをし、
前後のブレーキ調整とブレーキオイルを注入し完了。
現場まで30kmの出張。。。 

↓追突されたお客さまの意向で、
ご自宅のある横浜市のディーラーさんまで400kmの搬送。 

↓「29人乗りのちっちゃいバスなんで」と
聞いていましたが、なんと大型バスでした。

往復100㎞くらいの道のりです。
帰る途中にある近くのガソリンスタンドで給油したら、
リッターあたり2km/Lを切り、1.5km/Lの燃費でした。
大食いなんてレベルじゃないョ・・・。

2014年10月29日水曜日

山形県高校駅伝

いや~、ラッキーだったですね。
6区を終えてライバル校に14秒もの差をつけられた時は、
ダメだと思いましたが・・・。

一区のハッチーくんは主将の責任を果たし、
トップから6秒差で2区へ。
二区の渉くんはしばらく見ないうちに、
ほっそりして長距離ランナーらしくなりました。

入学時の前半戦に見られたガッツあふれる走りなら、
今ごろ4区あたりを任されていたはずですが、
ようやく復調してきましたね。

これからはズンズン記録を伸ばしていくような
気がします。
3区はエースの森くん。
山形県の5000mと10000mの高校記録を持つ竹内竜真くんと比べても、
今の実力ならそんなに見劣りしません。

さらに竹内くんの領域に近づくには、
もっとガツガツした気持ちの強さだけです。
技・体の2つは全国でも高校トップクラスなんだから、
のこりの「心」を鍛えて全国のトップになれるよう期待しています。

拓郎くんは大きなケガからよくぞ復活しました。
長いあいだ走れない時間を過ごしましたが、
そのぶんココロは強くなりました。
競技にナカナカ出られない部員の気持ちもわかるようになり、
ますます3年生となる来年度は楽しみです。

挫折と努力を重ねた人は、味わいありますから。
武田くんは腰高のフォームで将来性を感じます。
粘るチカラもあって、このまま練習を重ねたら
14分30秒を切れる高校生ランナーになれるかも?
その切り札はハートの強さだけですょ。

ヒタヒタと粘りの走りをする布施くんは、
いぶし銀のような存在です。
ラスト七区へのつなぎ役として充分な走りでした。

ライバル校に14秒遅れでタスキを受け取った大沼くん。
このときはカメラを持つ手にチカラ入らず、
「負けたな」・・・と思いました。

でもさすがに後のない3年生。
タスキを受け取ってすぐに追いつき、トラック勝負です。
残り70mで相手をかわし、大逆転でゴールフィニッシュ!



相手の酒田南校は、くやしくて残念な負け方でしたが、
勝負の世界は結果がすべてです。

お互いにレベルアップして、
全国で勝負できる山形県代表となりますように。。。

2014年10月26日日曜日

レッカー 大型レッカー車の出番は、とてもウレシー!

久しぶりの大型車です。
エアホースの容量足りなくてドライブシャフトのボルトが回らず、
近くの大型トラックディーラーさんからホースを借りての作業です。


木製のスロープ台を敷いて、アクスルを受けました。
センチュリーの大型用アンダーリフトは使ったことナイですが、
新田鉄工(旧ワールドワークス)さんのブーメランアームは、
先端がアクスル受けになっており、
アクスルを受けるなら楽チンで早いと思います。

ようやく出番来ました、待ちくたびれ・・・。


2014年10月23日木曜日

レッカー 「まっすぐ、景気回復」とは?

「まっすぐ、景気回復」は自民党の新ポスターだそうですが・・。


景気回復ペースもクルマも落ち込んでいます。

2014年10月22日水曜日

レッカー 大型トラックのQQコールは、ほとんどありません。。。

良く晴れた19日は、
山岳観光道路の吾妻スカイバレーでレッカーQQコールです。
左側2本を縁石に当ててバーストしたクルマを、
おとなりの福島県会津若松市に運ぶ途中に、
キレイに染まった紅葉を眺めながら。
↓脱輪とのご報告でしたが、
横転して落車ですね。

↓コチラは車重のあるハイエースバンです。
荷物もソコソコ入っていました。
左右の後輪は木の杭で押さえてあるノリ面から落ち、
板バネは接地してました。 

ジャッキで持ちあげて角材を入れ、
車体を浮かせてからウインチで引きました。


脱輪と一言で表現しても、
現場の状態はイロイロあります。



2014年10月14日火曜日

レッカー 津軽海峡はチョッと遠いですね 450km

ご覧のように田んぼは稲刈りを終え、
すっかり寂しげになっています。

もう一か月もすると初雪となり、
2か月後にはあたり一面まっ白になります。

↓まだ滑るには早すぎるようですが・・・。

東北の最北端の県からいらっしゃいましたが、
とんだ災難に・・・。
荷物も多く、その他のワケもあり450km遠方の県まで搬送です。


勢い込んでクラシックな年式の大型レッカーを買い入れました。
でも大型車のQQコールはゼンゼン鳴らず、
「どうなってるの?」??。
マイニチ閑古鳥が鳴いています。




2014年10月11日土曜日

マイタケさま

稲刈りの時期になると、
奥深い山々ではマイタケ・ムキタケ・ナメコなどが見られます。

↓こちらはムキタケ。

大きなシロマイタケでしたが、
もう10日早かったら食べごろでした。


先日残していたクロマイタケは、
誰にも見つからずに大きくなっていました。


↓ナメコも顔を出し始めています。


登山みたいにハードなマイタケ採りですが、
見つけた時のうれしさはサイコーです。