2018年9月18日火曜日

中古 小型レッカー車

きょうは星さんのブログです。

ことしの5月にやってきて、
8月から稼働した当店のいすゞエルフ/小型レッカー車です。
中古で購入当時の外観はご覧のとおりでしたが、
幸いなことに下廻りは雪国に有りがちな融雪剤の
影響を受けて錆でボロボロ状態とは縁遠く、
ほとんど錆のない良い状態でした。
東京の福岡工業社製で、
上物はJAFご用達のセンチェリー製の211です。
スライド式の荷室ドアは
開閉が渋くて使い物にならず、
新潟県新発田市の(有)グローバルサービスで
新しいドアを装着しました。
その際にアンダーリフトのオイルシールも、
新品に交換しています。
いかにもバランスの良さそうな造りで、
良い作業性が期待できます。 
このレッカー車を再生するのに、
以下の作業を行いました 
①外装の錆を取って錆変換材施工後、
サフェーサーと塗装。
②下廻りのブッシュ類をすべて交換。
③下廻りに塩害ガードを2度塗り。
④PTOドライブシャフトを中古良品に交換。
⑤灯火類の設置と配線をすべて引き直し。
⑥全オイル交換。
⑦鉄ホイールの錆を取って塗装し、
タイヤは新品交換。
⑧荷室のトビラを跳ね上げ式に交換し、
アンダーリフトのオイルシール全数交換。
⑨灯火類のスイッチパネルを室内に制作。
⑩油圧ホースを全数新品交換。 
⑪ウインチワイヤーとスイベルフックを新品交換。
⑫ゴリラナビ/市光の中古バックカメラセット/スフィアライトHID55W
ことしの冬の活躍を期待しています。
From  星

新潟県新発田市の(有)グローバルサービスから購入した代金と、
架装や仕上げ部品含め、
レッカー作業OKとなるまで税込380万円ナリ。


2018年9月16日日曜日

夏も終わり

きょうはマナブくんのブログです。

最近はだいぶ涼しくなり、
もう夏も終わりかなと思える日が多くなりました。
夏の終わりは少し寂しいような気もします。
ことしの真夏は横転や転覆の現場が続いて、
作業方法について考える機会は多かったです。
横転や転覆を立て直すだけなら難しい作業ではありませんが、
起こしたあとの状態まで考えるとそんなに簡単でもありません。 
起こしたあとのクルマの向きで、
連結レッキングし易いのかそうではないのか?。
起こしてから道路をふさいで更に交通の障害にならないのか?。
横転/転覆の起こし方ひとつで
排除完了までの余計な手間と時間を減らせるように、
その度ごと現場でアレコレ考えて試しています。 
ですがイメージと違う動きをしてしまって、
なんか違うんだよな~っと反省も多くあります。
ウインチ作業やクレーン作業では、
レッカー車の配置とトラブル車の位置関係で、
トラブル車の動きが大きく変化します。
やはり経験/場数/の積み重ねでしか
上達への近道はないんだと、
痛切に感じています。
From学

2018年9月14日金曜日

昭和に近い大型レッカー車

きょうは雄大くんのブログです。

記録的だった夏の暑さも
ようやく一段落してきました。
宮城県の白石インターの近くにある
みやぎ営業所には昭和の年代に近い、
平成2年式の大型レッカー車があります。
米沢市の本店にあるのは、
H6年式のタダノ10㌧クレーン付の大型レッカー車です。
国道4号線や東北道白石インターが目の前にある
みやぎ営業所では、
大型/中型/小型トラックの故障は
暑い日に増えます。
そんななかで活躍しているH2年式の大型レッカーは、
現場での故障トラブルにあわないよう、
タイヤ空気圧やオイルのチェックなど、
常に点検やメンテナンスを行っています。

先日も左のテールレンズのスモールランプや
ウインカーランプが右と比べて光が弱く、
カバーを外してソケットを見たら、
ソケットの差し込み口が錆により
アース不良になっていました。
サンドペーパーで磨いてバルブを差込み
点灯確認OKです。
他にもLEDのサイドマーカーも点灯していないところがあって、
外してみたら水が入っていました。
これではいくらLEDでもダメですね。
新しいマーカーレンズは
コーキングで防水処理をし取り付けしました。
イロイロ壊れる約30年前の大型レッカー車ですが、
皆さまの救援中にトラブルないよう
しっかり日常点検を行います。
From 雄大


レッカー エアー供給

きょうは修平くんのブログです。
レッカー車でけん引される側の大型トラックの
エアー供給は奥が深くマダマダ勉強中ですが、
当店先輩の星さんにコック付きエアカプラーを
作っていただきました。
エアータンクのドレーンに入れるタイプで、
簡単な造りです。
 
エンジントラブルの大型トラックは、
エアーコンプレッサーも動かないのでエアーは溜まりません。
そのままけん引したらブレーキがロックしたり、
エアサスも上がらないので
リヤバンパーを道路にこすってしまったりと、
せっかくレッカーの仕事をいただいたのに、
その報酬よりはるかに高い修理代を支払ったり、
ユーザーさまからの大きなクレーム案件になってしまいます。
 
このエアーコック付きの供給ホースがあれば、
エアー漏れの少ないトラックなら、
一度エアータンクを満タンにするだけの空気を
送ってからコックを閉めれば、
延々とホースをつないだままにしなくてもOKです。
 
以前に1ヶ月~2ヶ月の泊り込み研修で
お世話になった茨城県の大手レッカー会社の
茨城警運さんにいただいた供給ホースと使い分けて、
サクサクとレッカー車と連結し、
現場からサッと牽引する
敏腕レッカースタッフになりたいです。
From修平
 
 
 
 
 





 

 



2018年9月13日木曜日

高畠町

きょうはヒロトくんのブログです。
最近は大雨による災害や北海道の地震被害など、
日本各地で災害は多発しています。

山形県南部の米沢市や高畠町では、
冬の大雪以外の天災は何十年もありません。
米沢市や高畠町に隣接する南陽市では、
数年前に2年続けて大雨による洪水被害があり、
山形県内でもゲリラ豪雨による浸水はあります。

雨が続くと脱輪やスリップによる単独事故は
増えてきます。
さて自宅のある高畠町の高畠ワイナリーでは、
多くの観光客や地元の家族連れでにぎわう
「秋の収穫祭」があります。

ぜひ高畠町へお越しください。
Fromヒロト

2018年9月8日土曜日

レッカー トレーラー 荷満載で横転

トレーラーの横転です。
1か月半前にも
同じ路線の5㎞も離れていない場所で、
横転したトレーラーのレッカーQQコールありました。

さて電柱は元の位置から5mぐらい田んぼにズレています。
ブラブラになっていた電線と通信線は、
東北電力の迅速な応急作業で、
落車してから12時間以内に養生完了の連絡入りました。

ヘッドも台車部分もそっくり横転起こしながら吊り上げるには、
真上に電線が走っている状態なのでダメです。
そのためウインチで路肩まで
落ちている側のタイヤを引き出してからの横転起こし作業です。

今回は30㌧荷満載のため、丸二日間の作業でした。
荷物満載の台車部分が
地面に対して90度の直角になっていれば、
荷下ろしはやり易いのですが、
さらに転覆方向に台車が大きく傾いていたので
足場が悪く、
人夫10人でAM9:30~翌朝AM1:00まで、
別のトレーラーへ手おろし手積み…。
終わるころは足腰に張りが来ました。
次の日はAM9時過ぎに現地集合し、
玉掛けやブレーキ解除/散乱物の片付け/ヘッドのリヤデフ養生など。
それから
よーいドンで50㌧ラフターとタダノ大型クレーン付きレッカー車、
それともう一台の大型レッカー車の3台で引上げ。
今回は全止め35分、
台車部分は電柱のアンカー鉄筋を巻き込んでいたり、
重心の真上に電線があったりして、
横転起こしながらの吊り上げができなかったため、
予定より時間かかりました。 
今回も猪苗代名人の監督作業で
うまくいきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

2018年8月27日月曜日

きのこは豊作?

宮城県の蔵王町にレッカー基地を出してから
3年目になりました。
当初は一人で泊まりこんで、
ずっと小さなスーパーハウス内で暮らしていましたが、
なにしろ話し相手いないので、
米沢の自宅にいるワン公を連れてきて
近くの山や白石川の堤防付近を散歩していました。
そのうちに今年23歳になる一番若いスタッフが
自分と常駐するようになりました。
現在は4名体制なので、
リラックスできる時間も増えました。

一緒に連れてきたワン公のヒナ子も、
一人だと寂しい顔付きで
レッカー作業からの帰りを待っていることも多く、
それでゴールデンレトリバーの里親募集サイトから、
1歳になったばかりのタマくんを譲り受けました。
すぐに仲良くなった二人は、寝るときも
散歩もいつも一緒で楽しそうです。
さて散歩コースになっている近くの里山では、
ことしはナラタケが豊作です。
枯れ木の根本や、
下刈りをして風通りの良い場所に
ゴソッと出ています。
見た目は派手でいかにも毒キノコに見えるタマゴダケですが、
食べてはマアマアおいしいキノコです。
輪になって円形状に生えていることが多いです。 
ことしは近年にない日照りでしたが、
こんな年はキノコが豊作なんでしょうか?

2018年8月25日土曜日

レッカー なんでこんなに朝から暑いの・・・。

暑すぎる夏は
マダマダ続いています。
温暖化でこれが標準の夏だったなら、
外仕事の方々は熱中症にならないよう、
コツを覚えないと・・・。

さて当店の積載車ですが、
山岳観光道路から2トン近い車重の故障車を積んで
下ってきたときに、
ブレーキの使い過ぎでブレーキパッドとローターを
赤くなるほど焼いてしまい、
キャリパーオーバーホールを含めた交換となりました。
そして修理後の搬送案件で高速道に乗ったら、
スピードメーターが動かなくなりました。
大型トラックディーラーの診断では、
ABSセンサーの不良です。
偶然にもブレーキ関連部品はすっかり新しく交換になり、
かえって安心して乗れます。




この暑さが延々と続くなら、
オーバーヒートやタイヤトラブルなどの
暑さ関連のレッカーQQコールは、
しばらく終わることは無いでしょう。。。
 
社員募集しております。
朝8時30分から夕方17時30分までですが、
仕事忙しくないときは早上がりしています。
ヒマな時間は自家用車の洗車や部品の取り付け、
趣味のバイクや釣り竿の手入れなどできます。
休日も多いですが、夜中の緊急出動も多いです。
若いスタッフ多く、
明るく元気で楽しく仕事できるような
チームを目指しています。
給料面で不満タラタラにはさせませんから
ご安心くださいませ。

2018年8月24日金曜日

レッカー お盆は・・・。

今年のお盆は晴れて暑い日々ばかり。
関東方面への300㎞以上の長距離搬送は、
去年の半分以下です。
つまらないお盆だなぁ~と振り返っていたら、
お盆明けから急にトラックやら搬送やらの案件。。。
自分のようなボンクラアタマでは、
予想は当たりません。



体温を超えるような暑さの中での外仕事は、
疲れも溜まります。
ぼんやり/いねむり運転も、そりゃ多くなります。

2018年8月8日水曜日

横転

つい最近ですが、
トラックの横転QQコールが2件ありました。
農道を入って行ったら、
ドンドン道幅は狭くなってこうなりました。
セミロングやワイドボディーのレッカー車では、
同じようになります。
こんなときは標準キャブ車にかないません。
普通車が進入できるなら、
同じくズンズン進めます。
4㌧ダンプで砂利を積んでいました。
荷台にはそこそこの砂利が残っています。
左前後の脱輪QQコールだったので
ちっちゃい小型レッカーで出動しましたが、
こんな状況では選択ミスでした。
4㌧の中型レッカーじゃないとキビシイでしょう。

神頼みのつもりで猪苗代町の名人にレスキューコールをしたところ、
いつものように2つ返事で「すぐ出ますから!」。 
大型レッカーは狭いクランクのところから入って来れないため、
名人は4㌧レッカーにて登場。。。
蒸し暑い真夏の夜に汗ビッショリながら、
このたびもサクサク作業で無事上がりました。


吠えていたので見たら、トグロ巻いていた。

朝晩はワン公たちと、
近くの河原に行ったり里山を歩いたりしています。
春から秋にかけて蒸し暑い日には、
日当たりの良い道路や背の低い草むらなどで、
ときおりヘビがニョロニョロしています。

2頭のゴールデンがワンワン吠えているので、
何か?と思いのぞいて見たら
トグロを巻いたヘビです。

吠えている声のトーンがいつもよりかん高く、
心もちおびえたように聞こえます。

いつも楽しませてもらっているワン公たちが、
元気で毎日過ごせるように。。。

社員募集しております。
朝8時30分から夕方17時30分までですが、
仕事忙しくないときは早上がりしています。
ヒマな時間は自家用車の洗車や部品の取り付け、
趣味のバイクや釣り竿の手入れなどできます。
休日も多いですが、夜中の緊急出動も多いです。
若いスタッフ多く、
明るく元気で楽しく仕事できるような
チームを目指しています。
給料面で不満タラタラにはさせませんから
ご安心くださいませ。





2018年8月4日土曜日

公共応急作業車

きょうは我妻滉斗(ひろと)くんのブログです。

山形県の米沢店で使っている積載車は、
キャンターの極東製フラトップ2016年式です。
みやぎ店では日野のデュトロのフルフラット2台で、
こちらは2台ともタダノのS-Rideです。
使った印象では、タダノ製のスライドキャリアは
頑丈で動きもスムーズな感じがします。

さてキャンター積載車には赤色回転灯が付いていなくて、
夜中の積込みや高速道路案件では危ない思いをしていました。
ようやく公共応急作業車登録も済み、
高速道路上では赤色回転灯を堂々と回せます。
取付けしたのは回転灯にサイレンアンプ、
スピーカーです。
名古屋電機製のLED回転灯で、
スピーカーは一体式ではありません。
自分は配線一式を担当し、
無事に取り付けることができました。
これから現場で回すのが楽しみです。
From滉斗

社員募集しております。
朝8時30分から夕方17時30分までですが、
仕事忙しくないときは早上がりしています。
ヒマな時間は自家用車の洗車や部品の取り付け、
趣味のバイクや釣り竿の手入れなどできます。
休日も多いですが、夜中の緊急出動も多いです。
若いスタッフ多く、
明るく元気で楽しく仕事できるような
チームを目指しています。
給料面で不満タラタラにはさせませんから
ご安心くださいませ。

2018年7月27日金曜日

レッカー 人もクルマも

マイニチ30℃を超える最高気温です。
ずうっと真夏が続いているような気がしてきました。
この暑さで人もクルマも調子悪くなってきました。
自家用車のエアコンはヒーターバルブの不具合で、
運転席側からはモワァ~っと温かい風が出てきて、
とてもクソ暑いことしの夏は乗りきれません。

暑さでヘロヘロになって、夏風邪気味になったスタッフや、
自分はなんでかわかりませんが腰の辺りが張っています。
クルマも路面温度上昇によるバーストが急に増え、
またラジエターからの水漏れやオーバーヒートのトラックも。
早朝の東北道にて故障。 
近い将来にはAIによる自動運転で、
事故は劇的に減るでしょうから、
暑さにめげず頑張ります、今のうち。。。

2018年7月26日木曜日

庭師

きょうは学くんのブログです。
いつかやろうとして、
ズルズルと先延ばししていたことがあります。
我が家には小さいながらも庭があるのですが、
ずうっとデコボコの土のままで
ほったらかしにしていました。
キレイな庭を造りたいとの願望は以前からありましたが、
業者任せではケッコウな金額になります。
なので自分で庭の土木工事を、
一からやることになりました。
ウッドデッキや花壇、庭木を植えたりといろいろやって、
一番の苦労は芝生です。
我が家の庭は水はけが悪く芝生には適さないらしく、
土壌改良の必要がありました。
どうせやるなら本格的にと、
専用の排水パイプを地中に何本も埋め込みました。
普通ならミニユンボの出番ですが、
ツルハシとスコップで掘っては埋めての繰り返しです。
かなりの重労働で筋肉痛にもなりましたが、
その結果として自画自賛ですが緑のじゅーたんになりました。
From学

2018年7月19日木曜日

レッカー 増㌧

きょうは修平くんのブログです。
暑いです!
ニュースではとんでもなく暑い日が、
更に続くそうです。
先日の大雨による被害に遭われた皆さまには、
謹んでお見舞い申し上げます。

さて連日の猛暑の中の作業で汗をかいたまま着替えず、
そのままエアコンをキンキンに効かせたレッカー車に
長時間乗っていたため風邪をひき、
さらに足指の一部が関節炎になってしまいました。
こんなことになって初めて、
着替えとエアコンの温度調整は大事だなと痛感しました。

7月になってからトラック案件続き、
先日は24時間のあいだに増㌧2台と4㌧一台の合計3台、
けん引しました。
フルサイズの大型や4㌧トラックの作業やけん引は慣れていますが、
増㌧トラックはブレーキ解除でややこしいタイプあるので、
少し抵抗あります。

YOUTEBEを見たり、
トラックに詳しいレッカー屋のブログを読んだりして
勉強していますが、
メーカーや車種年式で違いあるので
現場での作業が一番身に付きます。
お客さまの前で悩んだりあたふたしてしまうと
不信感を持たれてしまうので、
プロ意識高く持って堂々と作業できるように勉強していかなければ!と
思えた一日でした。


From修平

2018年7月18日水曜日

レッカー トレーラー横転

暑くてキビシイ真夏がやってきました。
ことしは湿気もあるため、暑さ倍増・・・。
そんな真夜中に「トレーラーが落車して横転しています。
これからご対応可能ですか?」
ラフタークレーンも深夜で手配できず、
その日の昼間の時間帯の作業で受けました。

下見のためAM2時過ぎに現場到着。
トレーラーヘッドの前軸はかろうじて道路に乗っていますが、
後軸と台車の部分は完全に道路から落ちています。
法面はコンクリート製の垂直面で高さ約1.5m、
道路から4.5mの高さに光ケーブルと電線があって、
ちょうど落ちている台車の重心付近の真上です。
ウインチで引きずり上げるのは不可能なので、
25㌧ラフターと20㌧クレーン付レッカー車での、
吊り上げ作業となりました。
おまけで当店の大型レッカーも
アンカーウインチ作業を少々…。
猪苗代の名人の監修作業で、
わずかの全止め時間で路上に横転を起こしながら引上げ。。。
白石警察署の方々から
「いや~、ずいぶん早いもんですね」。
とお褒めいただきましたが、
ほとんど星社長の監督通りにスタッフが動いただけなので、
ビミョーなうれしさでした。
まだ7月中旬なのに、
ことしの東北は真夏です。



2018年7月8日日曜日

レッカー 高速道

西日本の豪雨による水害では、
連日の報道により知り得たところでは、
広範囲にわたり甚大な被害が出ています。

遠方のためすぐにお手伝いできませんが、
心よりお見舞い申し上げます。

さて山形県や宮城県の南部では、
蒸し暑さが増してきました。
そのせいかトラックの冷却水が漏れたり、
エアー関連のトラブルが出たりと、
故障案件が増えています。
無料区間の東北中央道にて、
冷却水漏れ。
東北道でのエアー関連トラブル。 
レッカーQQコールが鳴れば、
すぐ出動するのが仕事です。
QQコールをいただく保険会社のオペレーターさんが
最初のお客さまですので、
明るく元気よく頑張ります。

2018年7月6日金曜日

レッカー からつゆ(空梅雨)

九州や四国はノロノロ台風に刺激された
梅雨前線により、
「歴史的大雨」になりそうな予報です。
どの報道機関が使ったフレーズなのか?
「歴史的」の使い方のセンス→被害に遭われた方々にとって、
悪いような気がします。

さて山形県南部や宮城県南部は「からつゆ」で、
川の水量は夏枯れみたいにチョロチョロ。
取っても取ってもバンバン出てくる梅雨時の雑草も、
例年より元気ありません。
気温だけはバカ高く、
そのためタイヤトラブルやエンジントラブルは
先取りしています。
ダブルタイヤ内側バースト。 
オーバーヒート。 
この空梅雨のしっぺ返しが・・・。

2018年6月23日土曜日

レッカー 東北道

東北道の白石IC~国見IC間は約24㎞です。
登坂車線は2か所あってアップダウンもあり、
トラックの故障案件は多い区間です。

4㌧以上のトラックの故障や事故のときは、
NEXCOの安全パトロールの方々が車線規制を行うため
危険度は下がりますが、
普通車や2トンクラスの小型トラックの場合では
車線規制は少なく、
自社で発煙筒やカラーコーンなどで安全対策しますが、
作業しているすぐ脇を80km/h以上の
スピードで他車はすり抜けて行きます。
いつもヤバいなァと感じてはいますが、
発煙筒をバカバカ焚くしかありません。

カラーコーンや矢印板より、
明るくきらめく発煙筒の光と
モクモク出る煙は効きます。
走行車線でストップした小型トラック。
非常電話があるスペースまでたどり着けた大型の故障車。 
全面通行止め3時間以上、
大型トラックの車対車事故。
当店は燃料タンクやバッテリー、
切り取った箱の残骸の後片付けです。 
事故検分や漏れだしたオイルや軽油の処理、
散乱した積荷の移動などで
終わったのは午前さまで朝帰りでした。

2018年6月19日火曜日

レッカー さすがバイヤー

6月は例年通りヒマな時期です。
なぜかレッカーQQコールはグッと少なくなります。
全国的な傾向のため、
このヒマな時を見計らって、
レッカー作業の発注元であるアシスタンス会社の
会合も多めです。
ガソリン満載です。
ガソリンスタンドの地下タンクに入れてから、
整備工場までけん引。
さすが〇〇バイヤーです。
日本人ではここまでのスレスレ度胸は
ナカナカ…。 
きょうは南陽市~山形市間の建設中の高速道路で、
高架橋を架ける大がかりなクレーン作業があります。
何百トンもの吊り上げ能力を持ったクレーン車が、
続々と待機しているようです。
チョッと見てみたい作業です。

2018年6月16日土曜日

レッカー ボルボのヘッド

きょうはヒロトくんのブログです。
きょうはH6年式の三菱 ファイター4㌧レッカー車の
タコメーター交換です。
みやぎ営業所で使っている働き者のファイター4tレッカー車は、
新田鉄工製のJF4です。

軽自動車から増㌧の荷物無しまで
けん引できますが、
ここ数ヶ月前からエンジンの回転数を表示する
タコメーターがピクピク動いたり動かなかったりと
不調でした。
こんな症状では①タコメーター本体②エンジン回転センサー
③配線のどれかになります。
てっきり①のタコメーター本体だと思って近くの三菱ふそうから
部品を調達し交換しましたが直りません。
次に②のセンサーを注文後に交換したら
絶好調になりました。 
部品代から考えたら②を先に交換すべきでした。
Fromヒロト

さて先日はボルボのトレーラーヘッドを・・・。
プロペラシャフトのボルトは緩み止め仕様のため、
サンダーでナットに切れ目を入れてから緩めました。
こう書くと簡単ですが、ナカナカどうして・・・。
ボルボのヘッドは室内を立って歩けるほど室内に余裕があり、
ブレーキはすべてディスクブレーキです。

スカニアとボルボはカッコいいです。