2018年12月31日月曜日

レッカー 雪道は滑ります

年末になり、
この業界にとっては「待ってました!」の降雪です。
宮城県と福島県の県境にもサラッと積もりました。
その県境でのスリップ案件です。
空荷なのでレッカー車が2㌧ダンプの重さに
負けることなく引上げできました。
福島市は大雪でした。
20㎝~30㎝降ったようで、
地元のレッカー業者はイライラするほど
てんてこ舞いだったようです。
その近辺の業者さんお断り案件でしたが、
飲料を2㌧積んでいたボトルカーの脱輪です。
レッカー車のブレーキを踏んだまま固定し、
さらに4つのタイヤ後部に角材を当てて滑り止めしましたが、
なんせ5㌧~6㌧の重量と、
タイヤが路肩の泥に半分も埋まっている状況では、
ウインチブームでどう引こうが
レッカー車はズルズルとボトルカーに寄っていきます。
宮城県南部の山間部にて。
プロパンガス3㌧満載の脱輪案件です。
坂道を登り切れず滑り落ち、
左側タイヤ前後は道路とやや段差のある畑の中に
ズボッと埋まってしまいました。
レッカー車のブレーキを踏んだままにして
4輪の後部に角材を入れて滑り止めしますが、
全く効果なし。
でも必殺の滑り止めアタッチメントを
使用すれば、
満載のボトルカーもプロパンガス配達車も
トラブル解消です。
標準ボデーの4WD小型レッカー車は、
狭い所もスイスイ。
滑りやすい雪道でもチェーン要らずでナイスです。
でもトラックの牽引は前浮いてダメですョ。。。



0 件のコメント: