2018年10月12日金曜日

マイタケ

標高600m以上の景色は、
紅葉真っ盛りで美しい色合いです。

両腕ではとても抱えきれない太さの
ドングリの木にしか発生しない天然マイタケは、
めったに見つけられません。
いまから約25年前のサラリーマン時代には、
マイタケの季節になると仕事どころでなく、
2~3日おきに山々に入っていましたが、
ここ10年ぐらいはずいぶん足が遠のいていました。
マイタケはドングリの巨木すべてに
発生するわけでなく、
20~30本の巨木の中での決まった木にしか生えません。
それも毎年出るわけでもなく、
数年おきにドカッとでる木もあります。
なのでこの時期に集中して巨木を見て回ることが、
マイタケ採りの唯一の秘訣です。
毎度採れるキノコではないので、
登山のように体力勝負になり、
紅葉を見ながら手ぶらで帰宅することも多いのですが、
不思議とガッカリしません。
帰り道には天然のアケビや山ぶどうを採りながら。。。


2018年10月9日火曜日

ツガマツタケ(栂松茸) マグレ

秋になるとクルミや栗や柿などの木の実、
マイタケやシメジなどのキノコの季節です。
以前はジムニーでやっと通れた林道だったのですが、
ここ何年かは歩いてしか行けなくなりました。
クルマを止めてから約二時間くらい、
ひたすら山道を登ります。
宝くじにでもあたるようなマグレです。
一緒に登った先輩と、100本以上のマツタケ。。。 
あっちこっちにおすそ分けして、
ほとんど無くなってしまいました。