2018年7月18日水曜日

レッカー トレーラー横転

暑くてキビシイ真夏がやってきました。
ことしは湿気もあるため、暑さ倍増・・・。
そんな真夜中に「トレーラーが落車して横転しています。
これからご対応可能ですか?」
ラフタークレーンも深夜で手配できず、
その日の昼間の時間帯の作業で受けました。

下見のためAM2時過ぎに現場到着。
トレーラーヘッドの前軸はかろうじて道路に乗っていますが、
後軸と台車の部分は完全に道路から落ちています。
法面はコンクリート製の垂直面で高さ約1.5m、
道路から4.5mの高さに光ケーブルと電線があって、
ちょうど落ちている台車の重心付近の真上です。
ウインチで引きずり上げるのは不可能なので、
25㌧ラフターと20㌧クレーン付レッカー車での、
吊り上げ作業となりました。
おまけで当店の大型レッカーも
アンカーウインチ作業を少々…。
猪苗代の名人の監修作業で、
わずかの全止め時間で路上に横転を起こしながら引上げ。。。
白石警察署の方々から
「いや~、ずいぶん早いもんですね」。
とお褒めいただきましたが、
ほとんど星社長の監督通りにスタッフが動いただけなので、
ビミョーなうれしさでした。
まだ7月中旬なのに、
ことしの東北は真夏です。



0 件のコメント: