2013年8月27日火曜日

ススキの穂 

日中の暑さもイップクし、朝晩はやや涼しくなってきました。

玉掛け作業の講習で3日間通った、
長井市にある「山形クレーン学校」の土手に生い茂っているススキは、
青空に向かってニョキニョキと穂を伸ばしています。

草や木の濃い緑色は薄くなり、黄色みを増してきました。


長井市にある某ディーラーさんへ遊びに行ったら、
いま話題になっている「ピンク色のクラウン」がデ~ンと飾ってあります。


高級車のクラウンですから、
ノーマル感覚では「ど真ん中のピンク色」はありえない選択ですが、
会社の「カンバン」を入れた宣伝用とかだったら良いかも?

メーカーのお遊びでしょうけど、
太っ腹な上司に恵まれた設計者さん含めて、
さすがTOYOTAさんは余裕ありますね。



2013年8月21日水曜日

レッカー ここは大事故多いナ・・・

きのうからの雨で、
バカみたいに暑かった夏の日から一服です。

雨のためグズグズになった路肩から、
750kg積みの小型トラックはズルリと落輪。
小型レッカー車が通るには、ギリッギリの狭さです。

ウインチブームを目いっぱい伸ばして、
助手席側リヤアオリのカドの部分にある
荷物固定用フックにスリングベルトを掛けます。
ウインチブームを起こして後ろ2輪を道路に戻してから、
ハンドルを左一杯に切ってロープで固定し、
ウインチワイヤーを掛けなおして、
当店の星さんは引き出したようです。

道路幅は普通車一台分で路肩弱く、フロント側から作業できません。
見た目よりカナリ難しい作業ですが、
サスガ「星さん」。

4t中型のボトルカーです。
荷物満載ならウチの中型レッカーで運べたかどうか?
ほとんど荷室はカラだったので助かりました。


大きな人身事故が起きる県境の国道での案件です。
道路幅はタップリとあって交通量はスカスカなので、
たまに事故が起きるとタダでは済みません。

いままで作業してきた案件のなかでは、
もっとも原型をとどめていない乗用車・・・。




2013年8月16日金曜日

レッカー 暑い夏に大型バイク


お盆休みになってからは、
暑い夏の日が続いています。

バイクでツーリングを楽しむ人も多く、
それに伴って大型バイクの故障や事故搬送などの案件が、
チラホラ入電します。

米沢市の北部から約50km離れた小国町へ。
ハーレーのミッショントラブルです。
クラッチ切れないのでクレーンで吊り上げ。

コチラは米沢市と福島県の県境にある温泉宿まで出動。
勾配は20度まではないと思いますが、
4WDでないトラックでは後輪が砂利道で空転し、
登って行けません。


温泉宿までの急な坂を、
星さんと2人で「ハァー・ハァー」と息を切らして登り、
そこから手押しで積載車まで下ります。

ミッションハウジングは割れてオイルがすべて漏れ出し、
自走不可です。

チョッとでもブレーキを強く掛けると、
急な下り坂でトラクションのかかりが弱いリヤタイヤは、
ズルズル滑ってヒヤヒヤします。

標高1000m以上の現場は涼しかったですが、
「高額な大型バイクを転倒させたら大クレーム間違いなし」のプレッシャーで、
その涼しさと夏の濃い緑の山の景色を楽しむ余裕なんて・・・ありませんヨ。

2013年8月14日水曜日

レッカー 故障したトラック

ミンミンゼミは朝から「ミーンミンミンミー」と大合唱です。
梅雨明けから約一週間経って
ようやく夏の暑さを取り戻しました。

携帯型の無線機で消防無線を聞き流していると、
「熱中症の疑いアリ」の救急搬送が大半のようです。

トラック系ディーラーさんもお盆休みに入り、
トラックの故障QQコールがチラホラ。


当店の「やっちゃん」はエアーホース片手にごきげんですが、
お盆中はご両親の実家がある秋田県に行っています。

米沢市のある置賜盆地は例年のような夏の暑さでないため、
事故や故障のQQコールは少なめ・・・ヒマを持て余しています。



2013年8月10日土曜日

米坂線 新発田市へ

米沢市から米坂線に乗り、
新潟県の坂町までディーゼル機関車にゆられ、
整備担当の星さんと約2時間の旅です。

米坂線には、おそらく初めて乗りました・・・?
米沢市北部から新潟県村上市坂町までは、
山間の小国町を経由してクルマで行くと、
ブンブン飛ばして90分の距離です。

それに比べるとチョッと時間はかかりますが、
機関車から見える景色はクルマと違って新鮮です。

坂町駅のホームは、
見た目には田舎町のみすぼらしい駅ですが、
錆びた鉄骨も色や草ボーボーのレールなど、
味わい深いですょ。

坂町駅からJR羽越本線で新発田駅へ出て、
そこからタクシーで(有)グローバル・サービスさんへ。

油圧系統の故障で入院中の小型レッカー車は、
油圧コントロールバルブとPTO(油圧ポンプ)を交換して、
今までとは別物のようになっていました。

油圧コントロールバルブを流れる油量は多くなって、
プシュー・プシューっと
勇ましい音を立てています。

これでウインチブームのチカラもより強くなって、
サクサク仕事をこなせれば言うことありません。

修理代は35万円ナーリ・・・。

新潟から戻ってひと休みしていたら、
10t車のバッテリー上がりQQコールです。

星さんに出動を頼みました。ドライバーさんは、
「エンジンを止めたまま、エアコンファンを回しっぱなしにしていた」そうです。


冷蔵・冷凍車なのにエンジン止める??



2013年8月5日月曜日

ヒアブクレーン 消防車

ようやく梅雨も明けたようですが、
米沢盆地はちっとも暑くなりません。

朝晩の涼しさは9月上旬のようなカンジで、
Tシャツと短パンでブラブラ歩いても
ジワッと汗ばむこともありません。

このまま夏が過ぎ去ったなら暖冬間違いナシで、
日本海側降雪地帯のレッカー業は「商売上がったり」。

さて先日の火事場で見た、ヒアブクレーン付の消防車です。

マニアックなヒアブは、とても格好イイです。


LED警告灯は大阪サイレン製でしょうか?
日中でもピカピカ目立つ赤色灯です。


当店のレッカー車たちは、ミニサイズのフラッシュタイプ・・・。
夜間ならこれでOKです。

路肩から田んぼの側溝に落ちた軽カーは、
脱輪と言うより横転に近い状況でした。