2016年6月28日火曜日

8トラックカーステレオ ハチトラ

きょうは星さんのブログです。

今回は「ナウい」という言葉さえ生まれていなかった
昭和40年代に、イカシたクルマには必ず付いていた
8トラックカーステレオ・通称ハチトラを紹介いたします。


このハチトラはカセットテープと異なり、
テープの長さは一曲分しかありません。
そのかわりに音の入るトラックが八つあって、
うまく録音すれば4曲まで収録することができました。

ハチトラのカーステレオは昭和40年代に姿を消しましたが、
ハチトラカセットテープは頭出しが容易なことから、
カラオケ用にその後も使われました。

わたしもたいへんお世話になりました。


From星

ところで星さんのカラオケ18番は、
小林旭の「自動車ショー歌」です。


0 件のコメント: