2009年1月22日木曜日

除雪機 アサヒ SH110

古い型の除雪機、アサヒ-SH110の整備を依頼され、
除雪機の整備はお手の物と豪語する当店の星さん。

さっそく作業に取り掛かる。


エンジンオイルの取替え。



オイルフィルターはもう何年も交換されていなくて、
錆びで表面はボロボロ。














エアーフィルターは真っ黒で、
このまま使えばエンジンブローは必然。



ミッションオイルは酸化して白濁している。



オーガーギアオイル取替え。



ベルトカバーのボルトは折損していて、
そのボルトを抜いてから代替ボルトで固定。













ブロワー用ベルト3本、
走行入力側1本、走行出力側1本、
ファンベルト1本取替え。
キレツ、およびベルト伸びなど損傷有りまくり。



ベルトをすっかり取りはずしました。



油圧ポンプベルトはまだまだイケテましたので、
交換しません。




5本の新品ベルトを装着。
見た目もパフォーマンスも向上します。



オーガーハウジング下部取り付けボルト折損。
壊れたボルトを抜きました。



焼きいれしてあるヘキサゴンボルトで、締め付け完了しました。





その他操作系レバーの遊び調整、
炭酸ガス溶接機によるシャシー各部の補強、

シャシー高温高圧洗浄しました。

約2日間の作業となりポンコツ寸前の大型除雪機は、

見違えるような性能となりました。



























0 件のコメント: