2009年5月3日日曜日

キハダ


お世話になっている造園屋さんは、
切り倒したキハダの木を自宅道路脇の畑に運んでくれました。

キハダは山に行って探しても、
大きな特徴のない木のせいかなかなか見つけられません。
キハダの樹皮は漢方の胃薬として有名で、
胃が重たく感じるときや軽く痛いとき飲めば、
自分の場合は市販の胃腸薬よりはるかに迅速に利きます。

持ってきていただいたキハダの木は薪ストーブ用の薪にするため、
長さ40cmに玉切りします。
その際に樹皮をナタやバールを使ってはがします。

そのはがした樹皮は
薪ストーブの周りで
乾燥させますが、
この時期に薪ストーブを炊けば、



暑さで家族から
ブーイングの一つも
聞こえてきます。
乾燥した樹皮の
外面をはがすと、
鮮やかな
黄色の樹皮が
出てきますので、
それを煎じたり、
薬酒にします。
6月初旬には
乾燥完了します。
おすそ分け
(送料のみ負担してください)
ご希望の方は、
ホームページから
メールしてくださいね。



0 件のコメント: