2010年6月19日土曜日

高校総体 東北大会

陸上競技の
東北高校総体は、
天童市にあるNDスタジアムにて
6月18日から6月21日までの日程で
開催されています。

男子1500m決勝では、
山形中央高の斎藤真也君が
山形県高校記録を塗り替えて4位入賞、
我が東海大山形校の竹内竜真君は
自己ベスト記録をなんと5秒以上短縮して
3分52秒13で見事5位に入賞し、
念願の全国大会出場(インターハイ)を
ゲットしました。

それにしても1500mと
5000mは



インターハイの決勝タイム並みの
ハイレベルな争いで、
観客席から見ていると
努力だけでは到底縮まらない
才能のスゴさを感じます。

特に福島県学法石川高校の
今井憲久君は、
1500m_3分50秒(2着)
5000m_14分9秒(2着)の
物凄いタイムでした。
ラスト100mのスパートでは
100mを11秒そこそこで
駆け抜ける圧巻のスプリント能力を
見せつけました。




今井君は
短距離選手のようにガッシリした
体つきですが脚の運びは
柔らかく、
日本人離れしたストライドで
加速します。

遠くない将来、
福島県のトップアスリートから
日本のスターになるような
凄さを感じました。

0 件のコメント: