2011年8月19日金曜日

近所の国道で事故

夜になりかけの19時過ぎに、
救急車とパトカーのサイレン音が近づいてきて、
自宅近くの国道付近でその音は停滞しています。

ヤジウマ根性で自宅からクルマを出して現場に向かいます。
自宅からすぐのところにある国道と県道の交わる十字路の
信号機付近は渋滞し、
その先には暗やみに映える赤色灯が乱舞しています。
市道を通って迂回し、現場近くの空き地にクルマを停め、
デジカメを急いで取り出して小走りで向かいました。

救急出動の消防車は2台、救急車2台、パトカー2台、
ハイエースワゴン?の事故処理車1台、ヤジウマ多数に囲まれた事故車は、
原型をとどめていません。
その事故車の周りでは、4~6名の消防署隊員が若い女性ドライバーと
彼氏?の搭乗者を慎重に引き出しています。



わき見運転かいねむり運転により道路案内板の太いポールに激突し、
その反動で反対車線に飛び出してしまい、
対向して来た相手車とまた衝突した模様です。
たった一回きりの人生に別れを告げたかのような現場状況でしたが、
救急隊員のしぐさやその場の雰囲気から、
幸いにも軽症だったようです。

良かったァー

0 件のコメント: