2018年9月8日土曜日

レッカー トレーラー 荷満載で横転

トレーラーの横転です。
1か月半前にも
同じ路線の5㎞も離れていない場所で、
横転したトレーラーのレッカーQQコールありました。

さて電柱は元の位置から5mぐらい田んぼにズレています。
ブラブラになっていた電線と通信線は、
東北電力の迅速な応急作業で、
落車してから12時間以内に養生完了の連絡入りました。

ヘッドも台車部分もそっくり横転起こしながら吊り上げるには、
真上に電線が走っている状態なのでダメです。
そのためウインチで路肩まで
落ちている側のタイヤを引き出してからの横転起こし作業です。

今回は30㌧荷満載のため、丸二日間の作業でした。
荷物満載の台車部分が
地面に対して90度の直角になっていれば、
荷下ろしはやり易いのですが、
さらに転覆方向に台車が大きく傾いていたので
足場が悪く、
人夫10人でAM9:30~翌朝AM1:00まで、
別のトレーラーへ手おろし手積み…。
終わるころは足腰に張りが来ました。
次の日はAM9時過ぎに現地集合し、
玉掛けやブレーキ解除/散乱物の片付け/ヘッドのリヤデフ養生など。
それから
よーいドンで50㌧ラフターとタダノ大型クレーン付きレッカー車、
それともう一台の大型レッカー車の3台で引上げ。
今回は全止め35分、
台車部分は電柱のアンカー鉄筋を巻き込んでいたり、
重心の真上に電線があったりして、
横転起こしながらの吊り上げができなかったため、
予定より時間かかりました。 
今回も猪苗代名人の監督作業で
うまくいきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

0 件のコメント: