2008年3月19日水曜日

卒業式

あまりに昔のことで、記憶のカケラも無い。

小学校と中学校をそれぞれ卒業する娘と息子の、卒業式に行ってきた。
校長先生はじめ、来賓の方々の祝辞は長く退屈で、眠くなる。

小学生低学年の子供たちは、あきあきして体を揺すったり、
キョロキョロ辺りを見廻したりしている。

もちろん自分もそうだったはずで、退屈な話と格式ばった式のすべては、
脳の片隅にも残らない。

0 件のコメント: