2013年10月21日月曜日

レッカー 道路から転落、あお向け。



「ガケ下50mくらいに落ちたクルマの引き上げ、ご対応可能ですか?」
保険会社さんのロードサービス部門からレッカーQQコールです。

先発で現場を見に行った福島県の業者さんにハナシを伺うと、
「ラフタークレーンでないとムリだよ・・・」と。

その日の夕方に下見に行きましたが
暗くなっていたコトもあり、
道路から落ちた現場を確認してもクルマらしきモノは見えず・・・。

引き上げ当日は、真っ暗のAM5時に出発。
4㌧中型レッカーとウインチブーム付き小型レッカーの2台、
3名体制で現場に向かいました。
ご覧いただけますか?
画像の真ん中やや上部に白く写る物体は、
仰向けになっている転落車です。
道路からは、のぞき込むようにしないと見えません。

道路の高さと平行に約20m離れて、直角方向に40mくらい落ちています。

こんなんですが、運転者のご当人は「かすり傷」だったそうです。

さて、落ちているクルマの場所までは、
滑り落ちないようにロープを垂らして下りていきます。

ウインチとクレーンを併用して引き上げましたが、
途中で何回か岩に引っかかったりしてもたつき、
終わるまで2時間くらいの難作業でした。
10㌧以上の引き揚げ能力を持つクレーン付大型レッカーなら
腕力で強引に引き抜けるので、
そんなにむずかしい作業でなかった?と思います。


正面から見て「どのメーカーの何と言うクルマ?」クイズに、
正解できる人はマニアですナ~。




0 件のコメント: