2018年6月23日土曜日

レッカー 東北道

東北道の白石IC~国見IC間は約24㎞です。
登坂車線は2か所あってアップダウンもあり、
トラックの故障案件は多い区間です。

4㌧以上のトラックの故障や事故のときは、
NEXCOの安全パトロールの方々が車線規制を行うため
危険度は下がりますが、
普通車や2トンクラスの小型トラックの場合では
車線規制は少なく、
自社で発煙筒やカラーコーンなどで安全対策しますが、
作業しているすぐ脇を80km/h以上の
スピードで他車はすり抜けて行きます。
いつもヤバいなァと感じてはいますが、
発煙筒をバカバカ焚くしかありません。

カラーコーンや矢印板より、
明るくきらめく発煙筒の光と
モクモク出る煙は効きます。
走行車線でストップした小型トラック。
非常電話があるスペースまでたどり着けた大型の故障車。 
全面通行止め3時間以上、
大型トラックの車対車事故。
当店は燃料タンクやバッテリー、
切り取った箱の残骸の後片付けです。 
事故検分や漏れだしたオイルや軽油の処理、
散乱した積荷の移動などで
終わったのは午前さまで朝帰りでした。

0 件のコメント: