2018年6月4日月曜日

レッカー 泥沼

きょうはマナブくんのブログです。

毎年のことですが
山菜採りやキノコ採りのシーズンになると、
山中での落車や脱輪案件が入ります。
山のなかは目印もなく電波は届かない、
見通しや道路状態も悪く、
なかなか現場を見つけられないことが多いです。

ことしはこのような案件は少ないなァと思っていたら、
先日予想通りスタック案件入りました。
しかもトラブル車両は悪路に強いジムニーとのコト。
ジムニーが動けなくなるほどひどい現場なのか?、
またはスタックではないのか?と
嫌な予感に包まれながら現場に向かいます。
しばらくのあいだクルマは通っていない林道ですが、
たいしたことない作業で終わるな!と感じたのは一瞬だけです。
現場に近づくと道路はグチャグチェで、
現場一帯は底なし沼のように
ひざ丈までズブズブぬかるみます。 
当店のウインチ付き4WDパジェロは15m先までしか
近寄れません。
スナッチブロック(滑車)とスリングやチェーンを
全て使い切り、
何度もウインチワイヤーを掛け直して
作業時間はなんと2時間…。
ひとりで来たことを後悔しました。
Fromマナブ

0 件のコメント: