2009年11月16日月曜日

積立傷害保険 家族型

木枯らしが吹き、寒さは増してきています。
全国の天気予報では、北海道地方の今週は雪マークです。
米沢も冬の訪れを前に庭や軒先の雪囲いをしたり、
スタッドレスタイヤへの履き替えなどが目につきます。



寒くなってくるとカラダはこわばり、
雪囲い中にハシゴから落ちたり、
囲いのために使うザラ板のトゲが刺さったり、
冬タイヤへの交換中にギックリ腰になる事もあります。
こんな時、傷害保険はバッチリ役に立ちます。
ちょっとした事で怪我をしやすくなっている、
高齢のおじいちゃんやおばあちゃんと同居しているような場合や、
3世代以上同居の大家族の場合などでは、
家族型の積立傷害保険は大活躍します。



自分の家族を例に取ると、3世代同居で6人家族です。
5年間の積立型傷害保険と、一年更新型の傷害保険に加入しています。
過去3年間でこの保険に請求したのは、
①追突事故に巻き込まれ怪我をして病院に40日以上通院した。
②スズメバチに2度刺されて2日間通院
③指にトゲが刺さり2日間通院
④工具箱を移動しようとしたところ、工具箱のスライド式棚が前歯に当たり、
 前歯の折損で4日間の治療
⑤学校の体育の授業中、バトミントンの羽根が目に当たり5日間通院
⑥トイレ付近で転び、肋骨にヒビが入って現在通院中。
⑦山で転び、膝のスジを伸ばし通院5日間

通院給付金の合計は現在176500円、
支払った保険料の総額は3年間で約20万円です。
まだモトは取っていませんが結構使える保険で、
大家族の場合はぜひお勧めいたします。

0 件のコメント: