2010年9月22日水曜日

ソニー損保

ソニー損保が提携しているロードサービス会社の依頼で、
3台玉突き事故のレッカー搬送作業を行いました。

ソニー損保に加入している他県ナンバーの黒色の日産キューブは追突され、
そのはずみで前方のパジェロミニに衝突し、
フロント部分とリヤフロア部分がメチャメチャになって、
さらに屋根のルーフ部分に歪みが生じ、明らかに修理不可能の全損です。

乗車していた20代後半の奥さんと子供さんは、
救急車で病院行きのようでしたが不幸中のさいわいで、
軽いムチウチのみだったようです。
運転手のご主人は気丈に振舞っていましたが、
首の辺りを押さえながら現場検証に付き合っていました。

ソニー損保のオペレーターの女性はテキパキと処理をこなし、
代車の手配から宿泊施設の段取りなど、
国内大手損保会社のオペレーターさんより
良く訓練されている印象を受けました。

保険料は安いし良いことだらけのようですが、
惜しいことに示談は電話のみの応対ですので、
人身事故などのときは特に、
「電話で済ますつもりか! 誠意が無い!」とか
「顔も出さないで虫が良すぎる、話し合いなんかするもんか!」とか
因縁つけられる時も多いでしょう。


今まで経験した通販系保険会社の事故対応では、
事故を起こした当事者への思いやりに欠けたり、
横柄な電話応対もあったりしてガッカリでしたが、
ソニー損保の事故処理は丁寧で素早く、
加入者への思いやりも含めてダントツピカイチだと感じました。

0 件のコメント: