2008年6月29日日曜日

ふぐ料理

2ヶ月ぶりに山形新幹線に乗り、都内へ向かう。

新幹線の窓下に見える、山形県と福島県の県境付近の沢は、
空梅雨で水量は少なく、川床のゴロゴロした大きな石が良く見える。
線路沿いによくあるイタドリは、大きな葉をユサユサ揺らし、
まとまって生えている。
その葉は少雨のせいかやや色がくすみ、
しぼんでいる様に見えた。

夕方4時半過ぎにJR亀戸駅に着くと、
改札出口の向こう側に、埼玉県蕨市で空手道場を経営するH川君と、
奥さんのA子さんは仲良く並んで待っていてくれた。

間もなく亀戸に住むA部君は、どこからともなく現れ、
駅前にあるフグ料理店まで、4人はとめどなく話しながら、
チンタラ歩く。

フグ料理店に着き,時間を惜しむかのようにH川君は、
すぐコース料理と飲み放題プランを注文し、
さっそく生ビールを全員で飲み干す。

若くして従業員300人を要す会社の、取締役になったA部君には、
待望の赤ちゃんが誕生し、そのお祝いでここに集まり、
いつもどおり大声で笑い、昔話に花を咲かせ、
生まれたばかりの子供の話など、
他のお客さんには迷惑なほど、騒々しくしゃべりあう。

時間はあっという間に過ぎ、楽しいひと時は小さな思い出になる。

0 件のコメント: