2011年1月31日月曜日

第51回 山形県冬季ロードレース

この冬で一番強い寒気が日本海側に降りて、
日中の最高気温もマイナス2℃と強烈に冷え込む山形市で、
第51回 冬季ロードレースは開催されました。

一般・高校男子10kmのスタート地点になっている上山市では、
路面は圧雪・凍結状態です。
歩いているときでさえツルツル滑る路上で、
本当にレースをするのかと感じていましたが、
主催者側は中学生3km・高校女子5km・一般と高校男子10kmのレース
すべてを時間通りに行いました。

10kmロードレースでは、
スタート地点から3~4kmのところまで圧雪状態でツルツル路面です。
残り3kmの場所でデジカメを構えて待っていたところ、
優勝候補筆頭の竜真君は先頭集団の4人を引っ張り、
スパートの機会を伺っていました。

レースは残り1kmちょっとの地点で、
竜真君がバツグンのスピードで後続を引き離し、
2位の山形中央高の真也君に12秒の大差をつけてゴールしました。

優勝することが当たり前と思われている竜真君は、
その通りにブッチギリで勝ちました。
インタビューで「山形県の皆さんに応援していただけるような選手になり、 
  進学する東京農業大学では、箱根駅伝で優勝したいです。」と
チカラ強く話しました。

素晴らしい優勝インタビューで、彼のフトコロの深さを感じます。
東海大山形高校出身で、初の箱根駅伝区間賞の名誉を!

0 件のコメント: