2010年8月11日水曜日

コレステロール値を下げる メバロチン

72歳になって初めて医者通いをしているFさんは、
2人のお孫さんの良きおばあちゃんで、
更新型の医療保険(アクサ生命)に加入しています。

今月の8月19日にアクサ生命は満期になり、
更新後の保険料は月々5800円になります。
内容は入院1日当たり5000円(一生涯)、
健康保険や高額医療控除の使えない先進医療は、
80歳まで1000万以内での保障です。

コチラで提案した三井住友キラメキ生命の医療保険は、
入院1日当たり3000円(一生涯)、先進医療も一生涯1000万の範囲です。
(さらに医療機関までの交通費を含みます。外資系を含めた生保会社で、
 すべての交通費を支払うのは、この保険会社のみです。)
月々の保険料は3200円です。

Fさんからお話しを伺うと、春先からコレステロール値が高く、
お医者さんからこの値を下げるメバロチンを処方され、
現在も服用中です。
メバロチンは広く処方されている薬ですが副作用もあるため、
日本国内で認可されている生保会社のほとんどは、
25%以上の割増保険料での引き受けになります。

そこで富士生命の「ゴールドメディ ワイド」にご加入いただきました。
この商品は既往症(高血圧、糖尿病、不整脈、5年以上再発していないガン)を
持っている人でも、3つの告知のみで「いいえ」なら加入できます。
①現在お医者さんに、入院や手術を勧められていますか?→いいえ
②過去2年以内に、入院や手術をしましたか?       →いいえ
③過去5年以内に、ガンや肝炎、肝硬変になりましたか? →いいえ
入院一日当たり2000円、先進医療は生涯にわたり1000万までの保障で、
月々たったの3267円!
これで充分です。

0 件のコメント: