2012年10月13日土曜日

レッカー ダム湖の底で泥遊び

20℃を下回る最高気温の日が増えてきました。
朝晩は10℃以下の日もあり、
イッキに秋は深まっています。

米沢市の水がめと呼ばれている水窪ダムは、
6月から放水して水位を下げ、
底に溜まった泥や砂を重機でかき出しています。

チョッとした沼のようになったダムで、
魚釣りを終えて帰ろうとしたところ、
脱輪?して泥の中にタイヤは埋まってしまいました。

レッカーQQコールを受けて、
小型2㌧レッカー車で出動しました。
でも春先まで雪どけ水をマンマンと蓄えていたダムの底は、
7月末から9月までの暑く長い夏を経ても、
フカフカの泥が眠っています。
レッカー車のタイヤも埋まりそうになって
あわてて引き返し、
ウインチ付きのパジェロを増車しての作業になりました。

パジェロの電動ウインチで引き出しますが、
やわらかな泥にタイヤは埋まったままの状態で、
ボディー下部が傷ついたりバンパーがめくれたりしないか?と
ヒヤッとしましたが、7mほど引いて
ようやく硬く乾いたトコロまでズリズリ出てきました。


2台・2人の作業です。
元請けさんの引き出し料金を安くして欲しい気持ちはわかりますが、
レッカー車を含めた道具代は、
そんなに安くないんですヨ・・・。

0 件のコメント: