2012年5月13日日曜日

ゴールデンレトリバー 泳ぎは得意

きのうは春先にもどったような寒さです。
山菜採りに入った標高500mぐらいの山のなかではたぶん5℃ぐらいで、
濡れた軍手に風が当たると痛くなるくらいの冷たさです。

高い山々での急な気候の変化で体温を奪われ、
死んでしまう遭難記事にうなずいてしまいます。

一才になったばかりのゴールデンレトリバーは、
凍るような雪どけ水にジャブジャブ入って大喜びです。


山菜のウルイやゼンマイは食べ頃になっていました。

山々の新芽のミドリ色は、
木の種類によってビミョーに違いますが、
眩しいくらいの鮮やかさは、
この時期だけのモノです。



0 件のコメント: